五十嵐優子の思うこと(過去記事)

「2015!成せますように!!」

あっという間に年を越えて早1ヶ月。

毎年言っているけど、大人になって年を取れば取るほど時間が経つのは早くなる。

1年間の恒例行事に、少しのスパイス(イレギュラーな行事)を足して―。
あ、もう、1年済んでもた(汗)
こんな早さで1年は過ぎていく。

そのせいか年始の目標はそのまま来年の目標になってしまう。(最近は何を目標にしたかも忘れてしまったり(笑))

そんな、ずいぶんな大人になった私の、ただ毎日の繰り返しに新鮮な風を否応なしに送ってくれるのは1番下の娘の存在だ。

私の子供としては3人目だが、3人3様、初めての経験をたくさん与えてくれる。

そのおかげで私の時間も未来を想像したりして有意義になっている。

大きな話になるが、このまま子供の数が減っていくと国に勢いがなくなっていくのが簡単に想像できる。

ジジババばかりじゃ、毎日同じ日々が繰り返される。

長い短い、幸不幸の違いはあれど、余命には違いない。
体は老いて昔のようにいかなくなるのだが、何も変わらず過ごしてきただけに変えようもない。

でも、そこに子供(子孫)がいるとそれだけで「未来」を感じ、ただの余命も意味を成す気がする。

例え自分の子でなくとも子供の数が多いと未来に勢いを感じる。

という訳で、今年はたくさんの人が出会い、結婚して(なんなら結婚せずとも。又は今している人でも。)子供の数が増えますように!!

そのお手伝いを今年も目標に、サラッと1年を送っていこうっと!

~Free情報誌 Fam 2015/2月号掲載文~

「中年婚活は、愛より金が当たり前。」

ここ数日(これを書いている時)夫を毒殺したのではないかとして、中年女性が世を騒がせている。

彼女のおかげで結婚相談所はメディアにクローズアップされ通しだ。

相談所関係の人間やTVのコメンテーターの皆さんは、こぞって「高収入・財産持ち・高齢者・子供なし!!は騙す女のキーワードだ。」というのだが―…

「そのキーワード以外で婚活している女を連れて来ーい(怒)」と思うのだ。

だって、中年女性がその後の人生をより良くする為に婚活しているのだから、その歳から貧乏男と結婚するなんて(恋愛じゃないんだし)あり得ない!!

自分より歳下に行ける程、自分に女としての自信がないので「歳上で探す」というと高齢者になる。

そうなると、収入より働けなくなった時の為に財産(預金)が気になる。

こんなの当たり前だと思う。

男だって、自分の老後の世話をタダでしてくれる女を!!と条件を出す訳で―。

そこに「愛」が芽生えていないのはお互い様。

だとしたら、より良い条件を望むことが「悪い女」だとは言えない。

ただし、お金に関しては「ある」からといって「使う」とは限らない。
使えない年齢で大金が手に入ってもねぇー!?

結論!!

お金持ちより気前のよい男の方が幸せになる確率が高い。

もちろん両方あれば尚良し!!ですな。

~Free情報誌 Fam 2015/1月号掲載文~

[1][2][3][4][5]次へ>

CHARMY

営業時間

  • 平日 13:00~21:00
  • 土日祝日 10:00~18:00

定休日

  • 火・水曜日